ゲノム編集

ゲノムレベルで疾患メカニズムを理解する
ゲノム編集とは、細胞のDNAの領域を変更するプロセスを指します。最も一般的なゲノム編集技術には、遺伝子の機能の不活性化(ノックアウト)、SNP変異の導入または修正または内因性遺伝子へのレポータータグの追加(ノックイン)が含まれます。これらの変化は永続的で遺伝性であり、新たに改変細胞株が得られます。
Edit-R™ CRISPR-Cas9試薬を使用すると、研究者は、実質的にあらゆる細胞タイプのあらゆる遺伝子に対して、標的した箇所に特定の編集を行うことができます。さらに、Horizonは、幅広い遺伝子改変済み細胞株とゲノム編集関連研究サービスも提供しています。

Edit-R™ ゲノム編集試薬

標的遺伝子の編集(DNA切断)が保証されています。

機能的なタンパク質ノックアウトを最大化し、オフターゲット効果を最小化するために、独自のアルゴリズムを用いて設計したCRISPRガイドRNAを提供しています。

多くのCas9ヌクレアーゼの選択肢、ポジティブおよびnon-targetingコントロール、HDRを介したノックインアプリケーション用のドナーテンプレートも提供しています。

遺伝子改変済み細胞株

カタログ細胞株、またはニーズに合わせて作製するカスタム遺伝子改変細胞株作製サービス

数千の検証済みノックアウト細胞モデル、がん関連細胞モデルの、およびCRISPR-readyであるCas9またはdCas9-VPR安定発現細胞株をご用意しています。

または、オンラインツールを使用して独自の細胞株を設計し、細胞株エンジニアリングプロジェクトの見積もりとタイムラインを即日受け取ることもできます。

CRISPR-Cas9 genome editing overview

App note: iPS細胞におけるCRISPRノックアウト

非常に特異的で効率的な遺伝子ノックアウト Edit-R試薬を用いて、iPS細胞で機能的なタンパク質ノックアウトを実行する方法をご参照ください。

ゲノム編集ワークフローガイド

遺伝子ノックアウトまたはノックインを計画していますか? ワークフローガイドは、アプリケーションに最適なEdit-Rゲノム編集ツールを選択するのに役立ちます。

CRISPRスクリーニングライブラリー

CRISPRライブラリーで機能ゲノミクススクリーニングを! プール化またはアレイ化フォーマットで、組み合わせ済みライブラリー、またはカスタムライブラリーを利用できます。

CRISPR & Cas9 All-in-one vector!

単⼀ベクターにより、Cas9ヌクレアーゼと遺伝子特異的ガイドRNAの両方を発現するため、ワークフローがシンプルに

蛍光レポーターまたは抗生物質耐性遺伝子を選択することで、ベクターの組み込みに成功した細胞を選択できます。

Knock-in your edit 

点変異の作製、またはレポーター遺伝子のノックインに HDR経路を使用して正確な塩基配列の挿入・欠失・置換のためのテンプレートを設計します。
banner - CRISPR video series

CRISPR Design Tool

アルゴリズムを使用したカスタムCRISPRガイドRNAデザインツール 40生物種以上または任意のヌクレアーゼと共に使用するための独自のガイドRNAを設計できます。

Edit-R™ ガイドRNA保証

ゲノム編集実験を安心して進めるために すべてのデザイン済みEdit-RガイドRNAは、ターゲット領域で編集(DNA切断)できることが保証されています。