信頼できるノックアウト実験を

Edit-R CRISPRガイドRNAは、標的である目的遺伝子を編集することが保証されており、信頼できるノックアウトの結果を得ることができます。保証の詳細については、[保証]タブを参照してください。

私共のガイドRNAは、検証済みのアルゴリズムを使用してデザインされており、特異性が高く、機能的な遺伝子ノックアウトを実現します。何千ものデザインによる表現型を評価し、複数のアッセイシステムでデザインルールを検証することにより、最適なノックアウト標的サイトを決定するための基準を確立しました。

Edit-R CRISPR-Cas9ゲノム編集システムの詳細については、applicationのページ をご覧ください。

 

ワークフローに合わせた柔軟性

Edit-R CRISPRガイドRNAは、さまざまな実験ワークフローに適合できるように、さまざまなフォーマットで、プール試薬または標的遺伝子ごとにデザインした個別の試薬で提供しています。

Edit-R synthetic sgRNA Edit-R synthetic crRNA
Lentiviral sgRNA All-in-one lentiviral sgRNA + Cas9
  • 化学合成シングルガイド(sgRNA)または2部構成のcrRNA:tracrRNA試薬は、Cas9 mRNA または タンパク質とコトランスフェクトすることができ、DNA-freeワークフローのゲノム編集実験を行うことができます。
  • ランスフェクションが困難な細胞におけるゲノム編集には、lentiviral sgRNAをお勧めします。
  • All-in-one lentiviral sgRNA + Cas9 は、単一試薬によるノックアウトワークフローを提供します。
  • CRISPR Design Toolを使用して、そのほかの生物種、代替ヌクレアーゼ、または任意の標的位置の化学合成またはレンチウイルスガイドRNAをカスタムデザインすることができます。

 

あらゆる研究目的に合わせて拡張が可能

次の機能喪失実験の研究範囲を拡張することができます。Cherry-Pick Library Toolを使用して、Edit-RガイドRNA試薬の実験にユニークなカスタムCRISPRノックアウトスクリーニングライブラリーをデザインおよび注文できます。または、遺伝子ファミリーまたは全ゲノムスクリーニング用の組み合わせ済みのCRISPRノックアウトライブラリー をご利用いただけます。

ガイドRNA選択ガイド

実験に最適なガイドRNAフォーマットの決定は、実施するアプリケーションと細胞の種類によって異なります。表を参考に、目的の実験条件に適した試薬を選択してください。

Synthetic crRNA Synthetic sgRNA Lentiviral sgRNA Lentiviral All-in-one sgRNA
目的の遺伝子のゲノム編集(DNA切断)が保証されている(デザイン済み製品に限る)
様々な細胞種、ヌクレアーゼ、ゲノム編集位置に合わせてカスタムデザインが可能 ✔* ✔*
エレクトロポレーションに対応したリボヌクレオタンパク質(Ribonucleoprotein:RNP)  
エレクトロポレーションできないゲノム編集が困難な細胞への形質導入
抗生物質耐性マーカーによる細胞濃縮
蛍光マーカーによる細胞濃縮 ✔** ✔**  
単一試薬ワークフロー

*S.pyogenes Cas9の場合のみカスタムベクターデザインが使用できます。
**蛍光Cas9 mRNAでコトランスフェクトした場合にのみ可能です。