We have updated the ordering process to allow all products and services to be purchased with a single PO, please address all POs to Horizon Discovery Biosciences Limited. Contact us for assistance.

cDNAおよびORFクローンは、多くのin vitroおよび細胞培養の遺伝子過剰発現アプリケーション用の遺伝子コンテンツを取得するための迅速でアクセス可能な方法を提供します。コーディング配列は、強力なプロモーターの制御下で発現ベクターにクローン化され、プラスミドトランスフェクションまたはレンチウイルス形質導入によって目的の細胞にデリバリーされます。

cDNAはネイティブレギュレーションのコンテキストで遺伝子を過剰発現させるのに理想的ですが、ORFは5'と3'の両方のUTRが除去されており、タンパク質発現への近道を提供します。それらは、遺伝子過剰発現研究、RNAiレスキュー実験、構造解析、タンパク質局在の視覚化、生化学的精製、および共免疫沈降による相互作用タンパク質の同定に最も一般的に使用されます。詳細については、gene overexpression applications pageをご覧ください。

 

cDNAおよびORFクローン使用のベネフィット

時間の節約 結果の信頼性 無制限に再利用可能
クローン化済みの試薬を使うことで、クローン化に費やされる時間を排除します。Expression readyで移動の簡単なORFクローンの使用により、表現型の結果に集中することができます。
ヒトcDNAおよびORFコレクションは、完全にシーケンスされたオプションを備えた、信頼できる研究グループから供給されています。 遺伝子過剰発現クローンは、無制限の実験をサポートする「再利用可能なリソース」です。

 

cDNAおよびORFコレクション

cDNAおよびORFコレクションは、個別のクローンとして、またはさまざまなライブラリー形式で利用できます。

  • Mammalian Gene Collection (MGC)
    全長のゴールドスタンダードとして広く認識されているMGCは、ヒト、マウス、ラット、ウシの遺伝子の完全に配列決定されたcDNAコレクションを提供します。
  • Precision LentiORFs
    GFPレポーターを持つレンチウイルス発現ベクターにクローン化されたヒトORF
  • CCSB-Broad lentiviral expression library
    C末端V5タグを持つレンチウイルス発現ベクターにクローン化されたヒトORF
  • ORFeome Collaboration
    Gateway®組換えエントリーベクターにクローン化された、ヒトオープンリーディングフレーム(ORF)
  • CCSB hORFeome v5.1
    Gateway®に適合したヒトエントリーORFは、ORFのファミリー全体を、お客様の選択したタンパク質発現システムに簡単に移動させるのに理想的です。
  • CCSB hORFeome v8.1
    Dana-Farber Cancer InstituteのCCSB Human  ORFeomeライブラリーの最新バージョン
  • Non-mammalian cDNA & ORFs
    酵母、E. coli、C. elegans、D. rerio、XenopusのcDNAおよびORFクローンを検索します。

各コレクションの詳細については、cDNA & ORF selection guideを参照してください。 

Have you considered CRISPR activation for endogenous gene up-regulation?
Learn about CRISPRa