CRISPR遺伝子転写抑制(CRISPRi)により、研究者はDNAを編集することなく、転写をブロックすることによって特定の遺伝子機能をダウンレギュレートすることができます。詳細については、CRISPRiアプリケーションのページをご覧ください。.

Horizon CRISPRmod CRISPRiシステムには、遺伝子特異的なCRISPRiガイドRNAと転写リプレッサードメイン(SALL1およびSDS3)に融合し触媒活性が不活化されたCas9(dCas9)の2つのコンポーネントが必要です。当社のCRISPRi試薬は、遺伝子転写抑制を介して遺伝子の機能を研究するための簡便で効率的なツールセットを提供します。

 

CRISPRi試薬の選択

CRISPRiの実験条件には多くのオプションと考慮事項があります。長時間のアッセイ(120時間以上)には、レンチウイルスsgRNAをお勧めします。短時間のアッセイでは、化学合成sgRNAは、通常、ガイドRNA発現ベクターよりもより強力な遺伝子転写抑制を提供します。

CRISPRi dCas9-SALL1-SDS3ソース ガイドRNAフォーマット デリバリー方法 メリットと推奨される使い方

CRISPRi dCas9-SALL1-SDS3 lentiviral particle
CRISPRi dCas9-SALL1-SDS3安定発現細胞作製のための形質導入と選択

CRISPRi synthetic sgRNA(化学合成sgRNA) トランスフェクションまたはエレクトロポレーション
  • 一過性のアッセイ
  • 転写抑制を高めるためのプールフォーマットのガイドRNA
  • 複数遺伝子の同時ノックダウン
  • アレイ化スクリーニングが可能
CRISPRi lentiviral sgRNA 形質導入
  • 比較的長時間の転写抑制のための安定的な発現
  • 低MOI:ゲノム当たり1コピーの導入により、安定的に抑制を実現
CRISPRi dCas9-SALL1-SDS3 mRNA CRISPRi synthetic sgRNA(化学合成sgRNA) コトランスフェクションまたはエレクトロポレーション
  • 急速な一過性の転写抑制:数時間以内に解析できる実験
  • レンチウイルスフリーのワークフロー
  • EGFPおよびピューロマイシン耐性遺伝子をマーカーとした、dCas9発現細胞の濃縮が可能
  • 転写抑制を高めるためのプール化ガイドRNA
  • 複数遺伝子の同時ノックダウン
  • 初代培養細胞での実験に最適

$name