Study gene pathways or mimic disease states via gain-of-function assays. 

CRISPR activation offers transcriptional activation of endogenous genes – up to 10,000x basal expression levels. Or exogenously overexpress genes from nearly any species with our extensive cDNA and ORF collections.

CRISPR activation(CRISPR遺伝子転写活性化)

内在性遺伝子発現を最大50,000倍まで増加  ネイティブコンテキスト内の内在性遺伝子の転写をアップレギュレーションします。

Mammalian Gene Collection cDNA試薬

目的遺伝子の過剰発現 Mammalian Gene Collection(MGC)から提供されるヒト、マウス、ラット、およびウシのcDNA

ORF clones

5'および3'UTRの除去による迅速なタンパク質発現 Gatewayまたはexpression-readyのORFコレクションから選択します。

非哺乳類のcDNAおよびORF

複数のモデル生物から選択可能

酵母、C. elegansE. coli D. rerio、またはX. laevisの遺伝子を過剰発現させます。

Overexpression selection guide

過剰発現選択ガイド

特定のニーズに最適な遺伝子発現ツールを決定するのに役立つクイックガイド

CRISPRa, cDNA, or ORF: Which is best for my experiment?

アプリケーションに最適な遺伝子発現テクノロジー選択のための比較表

強力な転写活性化のためのCRISPRa

化学合成crRNA試薬を使用してCRISPRa実験を実施するための効果的な戦略

cDNAライブラリー

ヒト、マウス、およびラット用のゲノムスケールおよび遺伝子ファミリーMGC cDNAライブラリー

ORFライブラリー

組み合わせ済みの遺伝子ファミリーコレクション、またはカスタマイズ可能なcherry-pick ORFライブラリー