ハイスループットな混合リンパ球反応(MLR: Mixed Lymphocyte Reaction)アッセイの構築には時間を要し、また熟練したサイエンティストや最先端の実験装置が必要です。化合物の免疫原性を評価するスクリーニングを当社のようなスペシャリストにご委託いただくことで、お客様のプロジェクトをすみやかに推進させ、次のステップに向けた十分な情報に基づく意思決定ができます。

 

混合リンパ球反応アッセイとは?

MLR アッセイは、抗原提示細胞と T 細胞間の相互作用を調節して、リンパ球細胞応答を促進、減少、または再分極させるような被検化合物を試験するためのプラットフォームです。このアッセイにより、治療薬候補品やそのほかの免疫を調節する薬剤の有効性をテストできます。また、医薬品の安全性に関係する免疫学的応答性に関する重要な情報も提供します。

 

創薬プロジェクトで混合リンパ球反応アッセイを検討する必要があるのはなぜですか?

MLRは、微小環境における薬剤に対する細胞の反応を測定するin vitro試験であり、化合物が人体とどのように相互作用するかを予測するのに役立ちます。医薬品開発において、このアッセイを用いてT細胞と抗原提示細胞間の相互作用を潜在的に増強、減弱、または再分極させる治療法の有効性をチェックできます。

 

HorizonのスタンダードMLR アッセイ

当社のone way MLRアッセイでは、同種異系(アロ)の単球由来樹状細胞 (Mo-DC) を介して T 細胞の活性化を制御する薬剤をすみやかに同定できます。お客様のバイオ医薬品または低分子化合物を、in vitroの免疫微小環境で、半自動ハイスループット スクリーニングでテストします。

Key advantages:

  • 迅速な半自動で再現性のある 384ウェルハイスループットアッセイ
  • 薬剤の安全性試験、がん免疫治療研究、および自己免疫疾患治療研究などに
  • 堅牢な定量データ提出までのリードタイム:約4週間 
  • 複数の同種ドナー:ドナー間のばらつきに対処するため、複数のドナーからの初代T細胞および単球由来樹状細胞を使用

In-vitro derived dendritic cells from peripheric blood CD14+ monocytes obtained from a mix of donors are co-cultured with CD3+ lymphocytes from different donor

 

混合リンパ球反応アッセイ(MLR)は、あるドナーからの T 細胞が、別のドナーからの抗原提示細胞(APC)の存在下で応答または増殖するという原理に依存しています。これは、非血縁間のヒト白血球抗原(HLA)のミスマッチで引き起こされます。HLA ミスマッチは、T 細胞の免疫応答を刺激し、増殖を誘導します。 T細胞の表面にあるタンパク質が他の細胞の対となるタンパク質を認識して結合すると、免疫チェックポイントが活性化されます。これらのチェックポイントパスウェイは、T 細胞が樹状細胞(DC)などのプロフェッショナル APC に結合するときに関与します。

 

Representative plots of a Maxi-MLR assay

 

Maxi-MLR アッセイの代表的データ: A) ダクリズマブの存在下での同種異系(アロ)MoDCに曝露されたCD8+CD25+ T細胞の増殖を、フローサイトメトリーによりCell Trace Violet(CTV)染色によって測定しました。IgG1アイソタイプコントロールと比較すると、T細胞増殖の減少が検出されました。単一のドナーです。抗CD3/28 mAb、CTLA4-Ig、vehicleのみなどの単回投与アッセイコントロールが含まれています。B) ニボルマブで処理した MoDCとT 細胞の共培養からのインターフェロン-γのリリース。HTRFアッセイにより、IgG4アイソタイプと比較して共培養上清においてINF-γ分泌の用量反応増加が検出されました。単一のドナーです。C) mTOR阻害剤KU0063794 の存在下での同種異系(アロ)MoDCとの共培養におけるCD4+ T細胞の割合。単一のドナーです。抗CD3/28 mAb、CTLA4-Ig、またはvehicleのみなどの単回投与アッセイコントロールが含まれています。