アルゴリズムで最適にデザインされたガイドRNAを用いることで、プール化またはアレイ化ライブラリーを用いたスクリーニングにおいて高い機能性と優れた特異性を実現します。化学合成sgRNAアレイ化ライブラリー、およびレンチウイルスsgRNAプール化ライブラリーをご用意しており、ハイスループットゲノム編集研究を実現します。

CRISPR-Cas9ゲノム編集用ガイドRNAの組み合わせ済み、またはカスタムライブラリーを用いて、遺伝子ファミリー全体または生物学的パスウェイをご研究ください。

偏りのない、強力な機能喪失スクリーニングが実現できます。Edit-R CRISPR-Cas9プラットフォームは、デザイン済みのready-to-useのガイドRNAで構成されています。多数の遺伝子にわたる複数のターゲットの迅速な評価を実現します。

Edit-R synthetic sgRNA(化学合成sgRNA)ライブラリー

  • Edit-R化学合成sgRNAライブラリーを用いて、初代細胞を含むすべての細胞タイプでCRISPR編集を簡素化します。
  • シングルガイドRNA は、化学合成crRNAとtracrRNAと組み合わせて用いる場合より試薬分注を省力化します。 
  • 独自のEdit-R設計アルゴリズムを使用してターゲット部位における編集の成功を保証しています。
  • 大規模なスクリーニングの実現が可能です。 

Edit-R lentiviral sgRNAプール化スクリーニング用ライブラリー

  • 数百、数千の遺伝子を標的とするアルゴリズム設計のレンチウイルス粒子を混合したプール化sgRNAライブラリーは特異性を保証します。高力価の濃縮レンチウイルス粒子としてお届けします。
  • 遺伝子あたり5〜10個のsgRNAの使用により、ヒットの信頼性と包括的なゲノムスクリーニングの成功を向上させています。
  • 各プールの400以上のポジティブおよびネガティブsgRNAコントロールを使用して、プール間およびプール内のデータの正規化が可能です。
  • ヒットに対して信頼性と生物学的再現性のある高品質のスクリーニングを実行します。高い平均sgRNA fold representationを実現するために必要な十分量のレンチウイルス粒子を提供します。